肌のキメとは?

肌のキメとは?

肌のキメとは、肌表面の状態を指します。肌を機械などでよく見ると、網目を作るようにして、細い線が密集しています。細い線は溝でできています。そして溝で囲まれた平らな部分があります。溝の部分を皮溝と呼んでいて、溝で囲まれた部分を皮丘と呼んでいます。皮丘と皮溝が整然と並んでいて、毛穴が目立たってなければ、肌のキメが整っている状態になります。肌のキメというのは、個人差があり、角質細胞一つ一つの育ち度は、それぞれで違います。その違いにより、人によって肌は色んな見え方をします。肌のキメが荒い、細かい、乱れている、整っているとよくいわれるのは、肌状態が人によって違うからです。肌のキメは、一般的に、肌の健康と美しさを表す基準とされています。細い線で形成されている皮溝が細く、三角形の皮丘が小さいと、肌のキメが細かい人になります。逆に皮溝が太く、三角形の皮丘が大きい人は、肌のキメが荒い人になります。肌のキメが荒い人は、毛穴がよく目立つので、見た目凹凸があって、ザラザラのような感じに見えます。肌のキメは、生まれつきのもですが、スキンケアで肌の乱れを整えることは可能です。

肌のキメが細かくなるスキンケア習慣

肌のキメが細かくなるスキンケア習慣は、とても大事です。キメの荒い肌の人は、皮脂の分泌が多いので、ニキビ肌になりやすくなります。ニキピ菌などの菌が集まってきやすい肌の状態になっているので、ニキビ肌の人は、肌をきれいにしておく必要があります。肌のキメが乱れるのは、温度や湿度などの環境や、紫外線などによるダメージ、ストレスなどの内的なものが影響しています。一番影響を受けやすいのが乾燥で、皮丘内の水分が不足すると、肌がたるんでしまいます。肌のキメが乱れてくると、皮膚がザラつき、硬くごわついてきます。ハリとツヤが失われると同時に、小ジワも増えてきます。また、キメが荒くなると皮丘の大きさが不揃いになるので、肌の色がくすんで見えてしまいます。肌のキメを細かくするには、しっかり保湿するというスキンケア習慣が大事です。肌に水分が含まれると、皮丘は盛り上がり、皮溝が小さくなってキメの荒さが目立たなくなります。肌のキメが荒い人は、普段から化粧水でたっぷりと保湿し、最後に乳液やクリームで蓋をして乾燥を防ぐことが大事です。紫外線も肌のキメの乱れの原因になるので、紫外線対策を万全にしましょう。

肌のキメを整える食べ物

肌のキメを整える食べ物があります。肌のキメは、食事も関与しています。化粧品など外部からの影響で、肌のキメが荒れることが多いのですが、内からのケアも大事です。たとえば、普段から肉や油っぽいものばかり食べていたり、甘いものやインスタント食品ばかり食べていると、肌荒れを起こしやすくなります。そうした食生活をしていると、毛穴に皮脂が溜まりやすくなり、ニキビができやすくなって、肌のキメが荒れてしまいます。肌のキメを整える食べ物に、ヨーグルトがあります。ヨーグルトは、腸内環境を良くする働きがあるので、整腸作用により、肌のキメを整えてくれます。肌のキメを整えるには、ビタミンCが必須なので、野菜やフルーツを積極的に摂ることです。野菜やフルーツにはビタミンCがたっぷり入っているので、肌のターンオーバーを促進してくれます。シミやシワを防いでくれ、キメが荒い肌をキメ細やかな肌へと整えてくれます。大豆食品も肌のキメを整えてくれるので、毎日の食生活に、豆腐や乳製品を取り入れましょう。体の内側からしっかり肌の良い食品を摂ることは、肌のキメを整えるのに欠かせません。

 

 

 

40代のスキンケアはオールインワンがおすすめ

忙しい40代女性にお勧めはオールインワン化粧品です。時短美容にもなるけど毎日スキンケアすることで肌力アップにもつながります。コスパもいいから超おすすめ!