40代 スキンケア

肌がカピカピ乾燥肌とは?

乾燥肌とは、まさしく、肌のうるおいがなく、水分が不足している状態を指し、俗にいうカサカサの状態の肌です。肌は角質がバリアとなって水分を保持しているのですが、乾燥肌の場合、健康な肌と違い、皮脂膜にしっかりと覆われていません。天然の保湿クリームが少なくなっている状態なので、肌の乾燥をまねいてしまうわけです。
乾燥肌になる原因は色々ありますが、よくあるのが間違った肌の手入れです。他にも、季節や室内環境による変化、生活習慣の乱れ、年齢からくるものなど様々です。人間の肌は、常に外界からの刺激が侵入するのを防ぎ、乾燥を防ぐためのバリア機能が備わっています。バリア機能を果たしているのが角質層なのですが、角質層は細胞間脂質と呼ばれるセメントで作られています。細胞間脂質は重要な保湿成分で、この保湿成分の働きがあるから角質層が水分を維持できているのです。

 

保湿成分が正常に働かなくなったり減っていくと、水分を維持できなくなって肌は乾燥します。乾燥肌は水分が30%以下になってしまった状態を指します。保湿成分の機能が悪くなり、水分を保てなくなっている肌が乾燥肌なのです。

 

敏感肌とは?

速めの防止が必要な乾燥肌の特徴

乾燥肌は、水分も油分も不足してしまっている肌のことを指し、肌を守るはずの皮脂の分泌量が極端に減ってしまっています。肌が乾燥すると、乾燥するのを防ごうとして、肌の表面にある角質が厚くなります。そうすると皮脂分泌が過剰に行われている訳でもないのに、ニキビが出来やすくなります。乾燥肌の特徴は、角質が厚くなることで、肌がごわごわするところです。

 

また、毛穴の入り口が塞がれてしまうので、乾燥肌になると、正常にターンオーバーが行われなくなります。毛穴に詰まった汚れが酸化すると黒くなり、毛穴が黒ずむこともあります。かさついていてつやがなく、ファンデーションを塗っても中々上手く馴染まないというのが、乾燥肌の最大の特徴と言えます。
また、乾燥肌は肌の状態が非常に変わりやすい特質があります。肌のバリア機能が低下していて、皮脂の分泌も少なく、免疫力が低下しているからです。乾燥肌というのは、様々な肌トラブルを起こしやすい状態なのです。乾燥した肌というのは、免疫力が低下しているので、ニキビだけでなく、どうしても様々な肌トラブルを引き起こしやすくなるのです。

乾燥肌の注意点

乾燥肌の注意点は、毛穴の少ない部位に気をつけることです。なぜなら、そうした部位は特に乾燥しやすいからです。目の周りや唇、両頬、あごのUゾーンは、非常に乾燥しやすい部位なので、それに合ったケアで乾燥を防がなくてはなりません。肌のうるおい成分でもある皮脂は毛穴から分泌されているので、毛穴の少ない部位はどうしても乾燥しやすいのです。
乾燥肌を予防、対策するには、セラミドを肌に補給してあげれば良いでのですが、化粧品を使ってセラミドを補給しても、中々、効果がでない場合があります。化粧品だと一時的なセラミド補給にしかならないからです。実際、人間の体の中にあるセラミドを増やすことはできず、セラミドを補給するために化粧品を使っても、気休めにしかなりません。

 

乾燥肌の注意点は、洗顔にあります。乾燥肌の人にとって洗顔方法はとても大事で、間違った洗顔方法で顔を洗うと逆効果になります。まず洗顔料は、オイルクレンジングを選ぶのではなく、クリームやジェルタイプの物を選ぶことです。洗顔時のお湯の温度は大事で、温度は30〜34度位がベストです。洗顔料はネットなどでよく泡立て、優しく撫でるような感じで洗いましょう。

 

 

 

40代のスキンケアはオールインワンがおすすめ

忙しい40代女性にお勧めはオールインワン化粧品です。時短美容にもなるけど毎日スキンケアすることで肌力アップにもつながります。コスパもいいから超おすすめ!