40代 スキンケア

現代人に多い敏感肌とは?

敏感肌とは、少しのきっかけで肌トラブルを起こしやすい肌のことで、角質の水分保持能力が低下してしまっている状態です。敏感肌の人の肌は、皮膚表面の皮脂膜が不十分で、外部からの刺激に非常に弱くなっている状態です。
角質層には、全脂質の40〜60%を占める重要成分のセラミドがありますが、この細胞間脂質といわれる物質が不足している状態が敏感肌なのです。セラミドが不足している状態の肌が敏感肌なので、バリア機能が非常に低下しています。そうすると、ウイルスやアレルゲンが進入しやすいので、炎症を引き起こしやすく、少しの刺激にも敏感に反応するのです。

 

一般的に、敏感肌とよく言われますが、実は医学的には、そうした病名はないのです。単に、強い洗剤や化粧品を使用した時、肌が荒れたり、赤みが出たりする人を敏感肌と呼んで区分けしているにすぎません。

 

現代人は、精神的ストレスが強く、食生活も乱れがちなので、近年、敏感肌の人は増加傾向にあります。敏感肌に悩む人が非常に増えているので、各メーカーが躍起となって、専用のスキンケア化粧品を販売しています。

 

乾燥肌の特徴はこちら

敏感肌はセラミドが不足と乾燥が原因

敏感肌の特徴は、刺激にとても反応しやすい肌であるところで、肌自体が弱ってしまっているところです。普段は敏感肌でなくても、季節の変化や体調で、敏感肌になる人も少なくなく、その原因は、細胞間のセラミドが不足していることにあります。また、敏感肌の人の特徴として、肌が乾燥していることが挙げられます。
乾燥すると敏感肌の人は、肌がカサカサになって、かゆみやつっぱり感が出てきます。化粧品が合わずかぶれてしまうことも多く、肌が痛くなって赤く湿疹のような物が出来たりします。肌は日頃から、空気の乾燥やほこり、雑菌、紫外線などで刺激にさらされていて、敏感肌の人はそうした刺激を防ぐバリア機能の皮脂膜が不足しているので、刺激に弱くなっていて、すぐに反応してしいます。

 

敏感肌の症状としての特徴には、髪の毛先が触れても痛い、花粉やダニ、食べ物などのアレルギーがある、普段の化粧品でも肌が荒れる、季節の変わり目は肌の調子が特に悪くなり、汗や乾燥ですぐにかゆくなる、過去にアトピー性皮膚炎と診断されたことがある、などがあります。敏感肌の人は、髪の毛やいつもの化粧品、少しの刺激でもでも反応するという特徴があり、ほとんどの人が、赤みやかゆみ、痛みなどの反応があります。

 

敏感肌におススメのスキンケア

敏感肌の注意点

敏感肌の注意点は、まず症状として、ニキビや吹き出物のようなブツブツができやすい人、全身の肌が乾燥して肌荒れしやすい人、肌が乾燥してツヤがない人、肌がざらついてブツブツができやすい人などは、要注意です。また、虫に刺された時、赤く腫れやすく、痒いた後ジュクジュクして化膿しやすい人も注意しなければなりません。敏感肌の人は、基本的に、たんぱく質不足に陥っているので、意識して摂るようにしなければなりません。肌のターンオーバーを促してくれるビタミンA、亜鉛、ビタミンCなどの摂取も必須です。敏感肌の注意点としては、メイク用品の手入れが大事です。化粧品だけでなく、洗顔用のスポンジやメイク用のパフによるかぶれに注意しなければなりません。メイク用品は常に清潔に保ち、汚れていないかをチェックする必要があり、できればまめに洗うことです。敏感肌の人は、ファンデーション用のパフやスポンジについては、数枚用意してローテーションで使うことが重要です。また、週に1度は石鹸などで薄めたぬるま湯で丁寧に手洗いするのを忘れないことです。

 

 

40代のスキンケアはオールインワンがおすすめ

忙しい40代女性にお勧めはオールインワン化粧品です。時短美容にもなるけど毎日スキンケアすることで肌力アップにもつながります。コスパもいいから超おすすめ!